【公式】榎本通信攻略ブログ【PV】

ダジャレ大好き!エノモトさんの日記

今年はヨガの攻略始めます!

MENU

食べ過ぎはニキビの元

こんにちは!


4日もブログを更新していないという罪悪案。


いや・・・いうほどみんな見てないんですけどね!むしろ4日に1回更新しているだけでも『週刊少年ジャンプ』より早いので優秀だとおもうんですけどね。


慣れとは怖いものです。


そしてそのまま「もう4日更新していないんだったら、5日更新しなくてもいっか!」という心境になってしまいます。


3日で慣れるのはブスだけかと思っていましたが、ブログも3日更新しないと慣れるものです。


どうも!



僕エノモトです!



ということで、最近バタバタしておりポケモンをしなさ過ぎて、すごい勢いで熱が冷めています。もう最後までクリアできるかも怪しい勢いです。

進めたいのはやまやまなんですが、先にブログの更新をしないといけないという・・・なんと億劫。



そして昨日は実家の法事で弾丸帰省しておりました!


ウチだけかわかりませんが、法事の時ってオードブルとお寿司が大量に・・・それはそれは大量に出ます。


普段では考えられない量のご飯を食べたためかニキビができました・・・


ここ数カ月ニキビなんてできたことがなかったのに・・・


(あえて吹き出物と言わないのがアラサーの最後の悪あがき)


たぶんこの弾丸帰省だけで2キロは太ったと思います。デブエット成功です!



でも普通に苦しかったです。日常であの量を食べ続けることが難しいです。てか普通に体に悪いだろ・・・って思います。


「あ~ めっちゃ胃が頑張って消化してる~~~  かわいそ~~」って感じになります。


そういえば先日差し入れで頂いた『アルフォート』普通に全部食べるのが苦しかった。


2個ぐらい食べたらかなり満足で、『もういらねぇ~!』って思いました。


昔はチョコレートひと箱なんてペロって食べていた気がしますが、普段から食べなくなると普通に甘すぎて体が拒否します。



これも普段の生活の慣れなんでしょう。



実家で姉に出会った際に悲しい話を聞きました。



なんでも『子供たちが一緒に寝てくれなくなった』そうです。



甥4歳、姪3歳。


今は二人で寝ているらしい。


なんでも旦那が風邪をひいて、みんなに移ってはいけないから、旦那を一人、姉と子供3人で違う部屋に布団を敷いたそうな・・・


その部屋が狭くて、子供が「狭い!!」と駄々をこねるため、もう一つ違う部屋に布団を敷いてあげた姉。


子供たちは喜んでその部屋に行ったそう。



その時の姉は


「今までずっと一緒に寝てたんだから、すぐ寂しくなって帰ってくるわよ!」


と思っていたそうです。



子供たちが姉のもとに戻ることはありませんでした(現在進行形)


あまりにも早すぎる親離れに動揺を隠しきれない姉。話しているときはずっと涙目でした。


子供たちは今も二人で仲良く寝ているそうです。

 
 
 
姉よ。心配するな。その寂しさにもすぐに慣れます。




そんな甥はもうすぐ誕生日です。あと2日も寝ると誕生日です。



そんな誕生日前に出会ってしまった僕と甥。



甥は僕にこう言います。


甥「僕な誕生日プレゼントいらへん。クリスマスプレゼントもいらへん。」


な・・・なんと欲のない。若くして坊主の道でも志したのだろうか?


甥「エノちゃんに駆ってもらうねん!」


・・・



あと2日でプレゼントが一個もらえ、あと10日でさらにプレゼントが1個もらえるのに、その二つを捨てて今ここで僕からプレゼントをもらおうとする甥



あほか?あほなのか?



そして僕は半月前にあまりにも駄々をこねる甥に『ちょっと早めの誕生日プレゼント』を渡したばかりなのだ!



半月でさらにプレゼントをもらおうとする甥。



あほなのか?あほなのか?



姪「あたしはウサギちゃ~ん」



誕生日でも何でもない姪がお兄ちゃんの誕生日のどさくさに紛れて、プレゼントをもらおうとする。



これは逆にちょっと賢いのかもしれない。





僕には姉以外にも兄が二人おり、その兄たちにも子供がいるので、実家はお祭り騒ぎになります。



長男37歳、僕29歳 全力で子供たちと遊ぶ。



おっさんが二人がかりで子供と全力で遊ぶ構図を僕はまだ見たことがない。



子供たちの奇声がやむことはなく、ひたすらにぎやかな7LDK




そこで突然3歳の姪がつぶやいた。



「おしっこ出てもた。」



おしっこが出ていしまったことはすでに面白いのだが、何が面白いのが説明したいと思う。



3歳にもなれば、おしっこは普通にトイレでできるようになります。


さらにこの姪、すごいことにもう『おねしょもしない』のだとか!



普段それだけ膀胱を完全にコントロールしている膀胱マイスターの姪が、こんななんでもないタイミングでおしっこをしてします。



『おしっこ出てもた』だとなんともかわいく聞こえてしまうが、これは失禁であるということを忘れてはいけない。



笑いが止まりませんでしたが、僕なりに考察してみました。



これは『うれション』

うれションとは、嬉しさのあまりに小便を自らの意志に反して排泄してしまう現象である。


主に犬によくみられる現象ですね。



楽しすぎてトイレにいくことも忘れてしまったのではないかと思われます。




姪よ。うれションだけは絶対に慣れてくれるなよ。