【公式】榎本通信攻略ブログ【PV】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダジャレ大好き!エノモトさんの日記

今年はヨガの攻略始めます!

MENU

【4月】保険料の値上げ。おすすめ保険会社プルデンシャル。保証額1千万→1億になった話【生命保険】

こんにちは! エノモトです!

※今回は真面目パートです。(フリではありません)

 

f:id:minaraisennin:20170308150659p:plain

 

みなさん自分の保険の内容はしっかり理解していますでしょうか?

 

 

把握していなくても安心してください!殆どの人はよくわからず保険に入っているそうです。(保険屋の友人談)

 

 

自分は小さいころから親が払ってくれており、社会人になってそのまま引き継ぎ払っていましたが、友人が『プルデンシャル』保険屋さんになったのをきっかけにいろいろ教えてもらいました。

 

www.prudential.co.jp

 

 

友人曰く、4月から保険業界の保険料が役3割ほど増えるそうです。(これまで契約していた人はそのままの料金です!)

 

 

保険業界はまさに暗黒時代に突入する』とボヤいていたため、本日はちょっと保険の話をしていきます!一生に関わることなので絶対見直しした方が良いと思います。

 

自分の保険を理解していなかった!

最初に僕の話になりますが、僕は小さいころから母親が保険をかけてくれていました。

 

社会人になり、そのまま引き継ぐ形でその時初めて保険会社の人の説明を受けました。

 

自分がお金を払っているわけではなかったため

 

 

『保険なんだしとりあえず入っていたらいいだろう!』

 

『名前聞いたことあるし、みんな入っているなら大丈夫だろう!』

 

 

という考えでした。

 

 

改めて話を聞いたところで、「保険ってこんなにするんだ。高いな〜。でも万が一の時はこんなに保証してくれるんだし、仕方ないか。」

 

 

 

ぐらいの感想しかありませんでした。他に比較するものがなかったので第一生命の人がいうのを信じるしかありません。

 

 

 

当時自分は第一生命に加入しており、月々の支払いは8000円ぐらい。掛け捨て。死亡保障は1000万でした。

 

 

 

僕『1000万すげーな!』

 

 

 

 

僕が20代半ば頃。保育園からの幼馴染が保険会社にヘッドハンティングされ、僕に保険の話を持ちかけて来ました。

 

 

 

僕だけかもしれませんが、保険のお金の話みたいでなんかいやらしい感じがしてしまいます。それに勧誘っぽい感じがどうも・・・

 

 

 

でも彼は幼馴染であり親友だったので、僕は是非話を聞きたいということで聞かせてもらいました。

 

 

 

友人がヘッドハンティングされた会社は『プルデンシャル』

 

 

 

プルデンシャル?聞いたことないけど大丈夫か?

 

友人は契約する気満々で僕に丁寧に説明をしてくれました。

 

 

 

 

タブレット、パソコンを使って、

 

『現在の収入』

 

『これからの出費(結婚式)(子供の行事)』

 

『老後に必要なお金』

 

 

などなど、グラフ化してわかりやすく説明してくれました。

 

 

視覚化されると、「なるほど。こりゃやばい!」と感じます。

保険の種類

話は変わりますが、保険の種類のお話です。

 

 

保険には主に3種類あります。

 

 

 

『定期保険』『養老保険』『終身保険

 

 

 

自分の保険がどれになるのかわかっていない人は、見直したほうがいいかもしれません。

 

 

こちらのサイトにわかりやすく書いてあるので参照して見てください!

 

www.seiho-ways.jp

 

 

 

簡単に説明をします!

 

【定期保険】とはいわゆる【掛け捨て】ただし【保証額が高い!】

 

養老保険】は【掛け捨てではない】無事故ならば満期を終えると掛け金の全額が戻ってくる。

 

終身保険】は【掛け捨てではない】満期を終えると掛け金は払わなくてよくなり、保証は一生続きます。解約すれば90~95%の掛け金が返ってきます。

 

 

この話を聞いた時、個人的に終身保険にかなり魅力を感じました。

保証額が10倍になる。【1億円】第一生命からプルデンシャルへ

それから友人は僕の現在入っている保険をみて、あと今後どうして行きたいのか?という意見を聞き取りながら僕に最適なプランを設計してくれます。

 

【掛け捨てじゃない】

【今より安くなる】

【保証が良くなる】

 

ありきたりですみません。でもみなさんもそんな感じですよね?

 

当時の僕は結婚願望がなく、『将来一人で生きていくのでまとまったお金を貯めておきたい』と思っていました。

 

そんな話を聞いて彼が僕に提案して来てくれたプラン。 

 

 

月々の支払い4万円。55歳満了。(支払い終える)

死亡保障1億2000万円。 

 

 

前述しましたように、当時の僕の第一生命の月々の支払いは8000円ほどで死亡保障は1千万円。

 

 

月々の支払いは確かに高くなりますが、掛け捨てではなくなります。

このプランだと55歳満了で約1500万円の貯蓄ができています。

 

 

55歳で解約すればキャッシュで1千500万円(自分が払ってきた分)

解約しなければ、死亡保障1億2千万円が続き、月々の支払いはなし。

 

 

保証額ってそんなに上がるの?という驚きを隠せませんでした。1千万円がかなり高額だと思っていたのにそれの10倍以上とか。更にそれが掛け捨てじゃないとか。

 

 

どう考えてもプルデンシャル。

 

 

即決しました!

 

 

僕はお金があると散財していますので、『下ろせない銀行』と思って貯蓄しています。

 

 

僕に何もなければ1千5000万円が溜まり、万が一のことがあれば1億2000万円。

 

 

・・・

 

 

「早く死んだほうがお得じゃね?」という衝動に駆られます。ちなみに条件を満たせば自殺でも保険降りるみたいです(笑)

医療保険はクソ

友人いわく、保険会社にとって一番儲かるのは医療保険だそうです。

 

響きはいいですよね。僕もそう思います。

 

 

友人は言います。

 

 

「じゃーさー、一生のうちで何回入院すると思う?」

 

「過去2年以内で入院した?」

 

 

入院して一ヶ月以内に退院する人の割合は8割ぐらい。殆どの場合は一週間以内で退院するそうです。

 

 

ちなみに一ヶ月入院したとしても、今の日本の医療保証は手厚いらしく支払額は8万ぐらいで済むそうです。(思った以上に安いとおもった。)

 

 

「流石にそれぐらいのお金はあるやろ?(笑)」

 

「なので、2年に1回ぐらい入院する人じゃないと元を取れない。そのために月々○千円支払うのは無駄遣い」

 

「でも保険会社にとっては、医療保証は一生手数料が入ってくるのでおいしい。だからみんな医療保険を勧めてくるけど絶対無駄。」

 

 

良心的なのか?作戦なのか?

 

まぁー友人は僕の幼馴染であり、親友なので良心的ということにしておきます!

 

僕自身健康には気を使っているので、入院する予定はありません。

母の保険 『順風ライフ』

僕が保険を変えたことをきっかけに母親にもプルデンシャルをすすめることにしました。

 

 

喜んでくれると思っていたのに、母親は懐疑的。

 

 

詳しく説明すると納得をしてくれましたが、それもあまりいい顔をしてくれませんでした。

 

 

うちの母はとても優しく、NOと言えない性格です。誰にでも親切です。他人のためなら自分の損は顧みないというマザー・テレサのような人です。

 

 

 

「プルデンシャルがいいのはわかったけれど、そのためにこれまでお世話になって来た保険屋さんを裏切ることはできない!損するのわかっていてもお母さんはそれでいい!」

 

 

と言うのが母親の意見でした。

 

 

 

それから数年して、母親から突然僕に相談をしてきました。

 

 

 

「やっぱり、お母さんが死んだ時お葬式代ぐらい残して置かないとあなた怒るよね?」

 

 

 

母親も60歳を超えているので自分の将来が不安になったそうです。

 

 

 

そこで友人に頼んで母親の保険の見直しをしてもらうことにしました。

 

 

母が加入していたのは第一生命の『順風ライフ』

 

 

なんかテレビで聞いたことありますよね?響きもいいです!

 

 

 

死亡保証1千万!(すごい!)(僕の1億には及ばないけどなw)

 

 

ただし、これには条件があります。

 

 

【70歳までに死んだ場合の保証額1千万円】

 

【70歳超えた場合、保証額50万円】

 

 

ひどくないですか?まぁまぁ詐欺まがいです。相当体を悪くしていない限り今のご時世70歳では死にません。

 

更に掛け捨てです。

 

 

自分が保険屋さんで相手の立場になった時、絶対そんな商品紹介しないと思います。

でも保険て話が難しいことも多く『とりあえず入っておいたらいい!』と思う人も多いみたいですね。完全にカモです。

 

 

 

母親はその内容も把握していませんでした。

 

 

そして母はマザー・テレサをやめることにしたのです。

保険会社の人は自社の商品には入っていない。大体プルデンシャル。

友人曰く、他社の保険会社の人はだいたいプルデンシャルに入っているそうです。

 

 

なぜならプルデンシャルの商品はそれだけいい商品だからだそうです。ライバル者の保険では太刀打ちできないぐらい良い商品だということが当事者なのでよくわかるそうで『第一生命に勤めていますが、自分はプルデンシャルに入っています!』という人はかなり多いそうです。

 

 

 

保険はグレーゾーンな話題だからこそみんなあまり口にせず全然知りませんが、結構なお金絞られているかもしれませんよ?(笑)

 

僕もなんか友達に紹介する時紹介しにくいです。

 

 

絶対おすすめではありますが、なんか勧誘っぽい感じがしてしまいます。

 

特に僕にメリットはないんですが・・・

聞いたことない会社だけど大丈夫?

プルデンシャルはテレビでCMなどをしておらず、完全に口コミのみで展開しています。

 

 

いろんなCMがありますがやっぱりCMがあると『大手感』があり安心します。

しかしその『長いものに巻かれろ精神』はちょっぴり危険かもしれません。

 

 

「テレビでCMしているようなところは大体ボッタクリ。」と言ってました。

 

 

見積もりは無料なので一度相談してみてもいいかもしれません。

 

www.prudential.co.jp

 

やばいのはソニー生命。(よい意味で!)

そんな最強とも思えるプルデンシャルですが、最強ではありません。

 

その地位をおびやかすのが、『ソニー生命』だそうです。

 

 

「あそこの保険はいい!ウチと同じ。もしくは保険の種類によってはウチよりいいのがある・・・」

 

 

これまでライバル業者をボロクソいっていた分、信憑性が増します。

 

 

友人がお客さんに 

 

「今どの保険にお入りでしょうか?」と訪ね

 

「日生です。」

「第一生命です」

 

 

と返事があると

 

 

「これは楽勝やな・・・」と思うそうですが

 

 

ソニー生命です。」と言われる。一歩構えるみたいですね(笑)

まとめ

契約とかそう言うのってかなり体力を使うので億劫になります。

携帯や家の電話もお得になるのはわかっているけど、

 

面倒>お金

 

で放置してしまうことも多いと思います。自分もそうです。

 

 

うちの母親のように付き合いがあって断りづらいというのもあるかもしれません。

 

もし断る際に「どちらの保険になさったんですか?」と聞かれたら「プルデンシャル」って答えるとだいたい向こうは黙るそうです。(業界ではかなり有名らしい)

 

でも家族がいる人は、自分だけの問題でなく自分に万が一のことがあった時、残された家族、子供の未来に大きく影響して来ます。自分のためでなく、家族のためを考えましょう!マザーテレサもきっとそういうでしょう。

 

 

もちろん大手の商品でもすばらしい商品はあります。第一生命は変えましたが、もう一つメットライフアリコの商品は「これはいいやつやからそのままにしといたほうがいい!」と親切に教えてもらえました!

 

 

4月から値上げと言うことですが、正確には4月3日からのようです。

 

ただし審査など諸々あるため、早いに越したことはないそうです。

 

僕は保証額が高額だったため、医療機関での診断書が必要でした。

 

関西圏の方は僕の信頼できる担当者紹介します!

 

以上になります!

 

よければこれを機に見直されてみてはいかがでしょうか?