【公式】榎本通信攻略ブログ【PV】

ダジャレ大好き!エノモトさんの日記

今年はヨガの攻略始めます!

MENU

歯茎からは血を出したほうがいいらしい

先日実家に帰っておりました!

 

甥と姪を保育園に迎えにいって、保育園から帰って来るや否や遊び始める子供たち。

 

 

f:id:minaraisennin:20170423102232p:plain

 

彼らが乗っているのは『スライダー』と呼ばれるものです!

 

f:id:minaraisennin:20170423102329p:plain

 

我々が小さいときにはありませんでしたが、要はペダルのない自転車です。

 

 

下り坂だと、地面に足を着くことなくスイスイと乗りこなす子供たち。普通にすごい。

 

 

車が来ると危ないので、車が来るたびに『とまって!!!横によって!!』と叫ぶ僕。

 

 

子供の安全を守るのも楽じゃないぜぇ~ とか思っていたら、後方から音もなく忍び寄るハイブリット車に気付かず、危うく人生をチェックメイトされそうになりました。

 

 

どうも!

 

僕エノモトです!

 

 

実家に帰った際、歯科衛生士の姉が一言。

 

「エノちゃん、歯茎ヤバない?」

 

ん?

 

何のことだろうか?いつもお風呂入った際に10分~15分歯磨きをする僕に、口内を心配する必要なんてあるのだろうか?

 

「いやいや!僕めっちゃ丁寧に歯磨きしてるからな!口は大丈夫やで!」

 

といって、姉に口を見せる。

 

「いやいや、この歯茎ヤバイで!この年齢でこの歯茎ヤバイで!」

 

 

ちょっと、あんまりヤバイって言わんといてよ。不安になるから・・・

 

 

どうやら、歯茎が以上に腫れているらしい。

 

 

「いつもどうやって歯磨きしてるんよ!」

 

といって歯ブラシを渡されたので「こう!」と僕の華麗なブラシ捌きを披露しました。

 

 

「いやいや・・・ それちゃうから!」

 

 

と言って、ブラシを姉に託し、僕の口の中にブラシを突っ込んでもらいました。

 

 

『♪仕上げはお母~さ~ん』ならぬ、

 

『♪仕上げはおねぇ~ちゃ~ん』である。シュクシュク シャカシャカ 上の歯下の歯前歯奥歯~♪

 

 

「こう!!」

 

と歯に、いや歯茎にブラシを突き刺す姉。

 

 

「痛いっ!まってまって、めっちゃ痛い!それもう歯茎やん!」

 

 

「せやで!」

 

 

「『歯茎も一緒に磨く』みたいなんは聞いたことあるけど、それ歯茎ですやん!」

 

 

「だから、これぐらいで痛いんやったらヤバイで!ってこと。めっちゃやわらかい歯ブラシやのに」

 

 

なんでも、姉曰く、普通はこれぐらいの力で歯茎を磨くと気持ちがいいとのこと。痛いのは異常のようです。

 

 

「ちょっとまって、ちょっとまって! 血出てるやん! めっちゃ血出てるやん!流血やで?これ下手したら事件やで?」

 

 

「ええねん!血でて!」

 

 

ええのか!!??

 

 

姉はいつも大げさに言うクセがあるので、姉よりもネットの情報を信用する僕

 

グーグル『ポチッとな』

 

歯科医に聞く。歯ぐきからの血は出した方がいい?→「出した方がいい」|「マイナビウーマン」

 

歯科を受診したときに、「歯ぐきが弱っているので歯ブラシでマッサージをして鍛えてください」と言われました。でも、磨くとすぐに出血します。

歯ぐきから血を出すことがいいことなのか、病気のもととなるような危険な出血はないのか、いつも気になります。そこで、歯学博士で歯科・口腔衛生外科の江上歯科(大阪市北区)院長・江上一郎先生に詳しい話を聞きました。

 

f:id:minaraisennin:20170423110508p:plain

 

■怖がらずに出血させることで、歯ぐきは強くなる

――歯ブラシで歯ぐきを軽く磨くだけで出血します。何かの病気なのでしょうか?

江上先生 歯ぐきは柔らかい組織で、とてもデリケートです。歯ブラシを軽く当てた程度でもすぐに出血する場合は、炎症を起こしてはれている状態だと考えられます。

例えば、手足の皮膚をけがしたときには、血液をそこへ送って菌を殺し、早く治そうという働きが起こります。歯ぐきも同じで、炎症が起こると血液がたまり、出血しやすくなります。

――炎症を抑えるために出血させた方がいいのですね。

江上先生 はい。出血を怖がって歯磨きをしないと、歯ぐきのはれはどんどん悪化していきます。初めは柔らかい歯ブラシを使い、定期的に歯ぐきを刺激してください。そうすると、歯ぐきの新陳代謝や血行が促進され、新しく強い歯肉(しにく。歯を支える歯周組織の粘膜)が増殖されて、元気な歯ぐきに生まれ変わります。

ただし、健康な歯ぐきに対して、わざと硬い歯ブラシで刺激して出血させるようなことはしないようにしてください。歯ぐきに傷をつくるだけです。

 

マジだったわ。ごめんねーちゃん。

 

 

まさか 血を出す=善 という考えを全く持ち合わせていなかった僕は、取り替えず血が出ないように血が出ないように気を付けて丁寧に歯磨きをしていました。

 

 

物心がついてから、今の今まで・・・

 

 

そしたらそばにいた母も加勢するように

 

 

「お母さんも血でたら、『もっとでろ!もっとでろ!』って頑張って出してたわ!」

 

 

いやいや・・・僕教えてもらってないよね?そんなこと教えてくれてないよね?

 

 

 

とりあえず、昨晩お風呂で歯ブラシを真っ赤に染めてやったぜ!

 

 

だってどこの歯茎にブラシを当てても痛いのだもの。

 

 

んで途中から気づいたのですが、普通に顎の上から指で歯茎押しても痛いということで、現在仕事をしながらひたすら歯茎マッサージをしています。

 

 

要は痛みがなくなりゃいいんだろ?って精神です。

 

 

前から歯茎の色がマグロみたいな色なのは気になっていましたが、これで僕もサーポンピンクエノモトになれるのでしょうか?

 

 

乳首は結構キレイな色してるんですけどね。歯茎はイマイチでしたね。

 

 

皆さんも一度チェックしてみてはいかがでしょうか?